施行にあたってお客様に準備していただく事・注意点
 
■ 食毒剤(ベイト剤)使用の場合
 
   特にご準備いていたく事はありませんが、ゴキブリの生息が多いところは、
 そのむねを明記したメモ等を目立つように提示しておいてください。
 
 
   ゴキブリの好む餌がある場合、食毒剤の喫食率が低下しますので、
 油汚れ、床のゴミ、残飯に特にご注意ください。
 
 
   市販の殺虫スプレーは食毒剤の効果を低下させますので使用しないでください。  
■ 薬剤散布の場合
 
   食器棚はできるだけ開放し、薬剤の影響を受けて困る食品・食器・調理器具・調味料・
 ストロー・ナプキン・まな板はまとめてビニール袋などに入れ密封して下さい。
 なお、密封しなかった食器・調理器具・まな板等は施行後、薬剤がかかっている場合がありますので
 必ず洗浄してください。
 
 
   給湯器の火種は消し、元栓を締めて下さい。
 換気扇を止めてください。
 
 
 
   その他、特にゴキブリの生息が多いところは、
 そのむねを明記したメモ等を目立つように提示しておいてください。
 個人のロッカーの中に生息の場合は施鍵せず開放しておいてください。
 
 

日常の衛生管理が、最も効果の高い「防除」です。

毎日清掃を徹底し、餌となるため堆積しやすい油の汚れ、残菜を取り除く。
ゴキブリの餌となるものをむき出しでは置かない。
 ゴキブリは、穀類・野菜・果物・魚・肉・菓子など人の食物となるものはほとんど何でも食べます。
 台所・厨房の残業・壁紙・本の表装から人や動物の排泄物・排水管などに
 こびりついた油・汚泥に至るまで食物となります。

必要のない段ボール、袋、包装紙、雑品を置かない。
 ゴキブリの餌にもなり、巣を作る場所にもなります。
 ダンボールに卵を生みつづけて搬入され侵入の原因にもなります。

使用しない什器等は撤去する。
 ゴキブリの巣になり、隠れ場所ともなります。薬剤駆除範囲もせばめられます。

排水溝も期間を決めて清掃してください。
 汚泥がゴキブリの餌となり、小バエが発生し、食品に混入するおそれがあります。

水はけの悪い部分・水溜リ等は常にかわいた状態にしてください。
 ゴキブリは水をよく飲みます。餌がないことよりも水がないことに弱く、水がない状態では、
 餌があっても水分が少ないだけ餌だけでは1週間以内に死んでしまいます。
 厨房・給茶機・風呂場・流し等水廻りで見かけるのはこの為です。

ゴキブリが好む場所を把握しましょう。
 特に冷蔵庫、モーター付近、オーブン、ガス台廻り、流し台廻り、ダンボール箱の隙間はゴキブリが好む場所です。
 餌となるものを取リ際く為に清掃を行い、巣とならないよう必要の無い物は取リ際き、
 薬剤が行き届くようにする。
 ゴキブリは繁殖力の強いものです。日々の清掃片づけがゴキブリの良き防除になります。

ガス台下を確認して下さい。
 残菜、汚れ、油カスがたまっている場合は取り除いてください。

1年1回は大掃除!
 大掃除をし、物を移転させる事によリ巣がみつかる事もあリ清掃する事により、
 ゴキブリの住みにくい状態を作る事にもなります。

破損部分、壁の隙間等ゴキブリの逃場や巣になります。ふさいでください。

以上環境対策と薬剤効果により、より快適な状態を維持保全致します。

 

◆ 衛生管理一口メモ

近年、人間の生活が快適になったのは、環境衛生の問題が大幅に改善された事がその理由の一つに上げられます。それには多く薬品・薬剤が使用されて来ました。害虫防除におきましても将来の環境汚染を考えると「薬剤による防除」から「総合的な環境整備」へと管理のあり方も変わってきました。
厚生労働省においては、ビル管理法に基づく「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」施行令で昆虫駆除は薬品使用を必須の前提したものではなく、現場の状況を総合的に検討した上で行うことや薬剤の使用にあたっては用法、用量等を守り、建築物利用者の安全確保を図ること等を提示しています。


 
<< BACK